食欲が抑えられる医療ダイエット

私の救世主になってくれたのが医療ダイエットです

食事制限も運動も長く続かない自分に対して情けなさや不甲斐なさを覚えますし、このまま一生痩せられないかもしれないという不安も感じます。
そんな私の救世主になってくれたのが医療ダイエットです。
医療の力に頼るしかないと思い、クリニックでGLP-1というホルモンを投与して食欲を抑えるという治療を受けました。
脂肪吸引や脂肪溶解注射やキャビテーションやEMSなど、美容クリニックやエステティックサロンなどで受けられるダイエットメニューはたくさんありますが、私の場合は異常な食欲が肥満の直接的な原因であるため、食欲のコントロールが出来る医療ダイエットを選びました。
痩せホルモンと呼ばれるGLP-1を自分で注射器を用いて1日1回投与するという治療ですが、最初は注射をするということに対して抵抗感がありましたが、意外とすぐに慣れます。
医療ダイエットで実感できたメリットや効果についてですが、特別な意識をしなくても自然と食欲が抑えられて無理なくストレスフリーな状態で摂取エネルギーを減らすことが出来る、皮下脂肪だけではなく内臓脂肪も確実に減り中性脂肪値や血糖値やLDLコレステロール値が低下して生活習慣病予防になる、空腹を感じることなく食欲コントロールが出来ている間に食生活を徹底的に見直せる、基礎代謝アップでエネルギー消費量が増えるので食べてもふとりにくくダイエットで簡単に痩せられるなどがあります。

私が太ってしまう原因は異常な食欲であると自覚しています私の救世主になってくれたのが医療ダイエットです食欲抑制と体質改善という2つのアプローチで、ダイエットに成功